ブログ|札幌市の注文住宅や新築一戸建住宅の見学会やエコなイベント情報

2017年10月12日

伏古の家 モデルハウス増築工事

札幌東区伏古のモデルハウスも年内で見学終了になりそうです。オーナ様の入居に備えて音楽室の増築工事が始まりました。泣く泣く玄関の草屋根を撤去しようと屋根に上がると、草屋根てっ言うか半分はコケ屋根だったよ。年内の完成目指します。工事中ですが年内は見学できます。

P1001861

P1001856

2017年10月10日

ふるカフェ系+リモデル②

外壁は木の板貼り仕上げ  札幌北区 古民家+リノベ太平の家

炭焼きの際に出来る蒸留液の上澄みが木酢液で天然由来の防腐剤。道北産のカラマツ材を加工し木酢液を浸透させた板を縦貼りしています。12年前、北海道(日本?世界?)で初めて外壁材として実践使用しました。メンテナンスフリーで長持ち、と言っても何十年年大丈夫かは・・・誰もわからない(笑)。経年変化を楽しむビオプラス西條デザインの一押し素材です。最近では他社でも使用する物件がチラホラと見かけますね。天然の化学成分を含むので室内には使用しない方が良いです。過敏症の方は使用の際には事前に確認しましょう。

外壁のワンポイントで1階正面に日本のスギの北限、道南地方のスギを加工し水性塗料でホワイト塗装した横貼り下見板仕上げ。また、200度以上の高温で熱処理したアッシュ材=ローステッドアッシュを使用し断熱材をサンドした寒冷地仕様の木製玄関ドアは小樽銭箱の工場で制作しています。中までしっかりロースとされていて軽い薫煙臭がします。耐久性を持たせた材ですが、ドイツ製リボス社の植物油系自然塗料を塗って着色仕上げしています。

ふるカフェ2

外壁板

2017年10月06日

蘭越の家 自然派住宅

昨日からニセコのとなり蘭越町の現場でした。大工さんの仕事も今日でほど終了。施主施工の塗り壁用下地パテお手伝いで現場車中泊中。油断した寝袋1枚では寒くて寝れん早起きだ。ニセコの山は初雪なんだもんなー!蝦夷富士『羊蹄山』いつみてもホレボレ!

P1001821[1]

P1001830[1]

2017年10月04日

ふるカフェ系+リモデル①

最近流行りのふるカフェブームにあやかって古民家風にリモデルしちゃった自然素材たっぷりの中古住宅が札幌北区太平にあります。JR学園都市線「百合が原」駅徒歩4分、バス停まで30秒の好立地。自然派空間デザイナーの僕が今住みたい家を自然素材で好きなように仕立てた家なのです。本当なんです。

こんな部屋で美人の奥さんがつくる料理をつまみに美味しいお酒を小上がりで飲む・・・酔っ払ったらかまわずにそのままゴロンです。あ~なんて幸せ・・・という妄想をかなえるために、出しゃばらずにホッコリやさしい住まい。モデルハウスとして公開してきましたが、冬が近づいてきたのでそろそろ気に入った方にお譲り(販売)することにしました。そんなこともあり、今月は素材と仕立てなどを紹介しようかなと思っています。

ふるカフェ

2017年09月29日

ビオマルシエ=ゆりがはらオーガニックマーケットVOL4開催

今年はいろいろ楽しいマルシエが開催されていますね。

札幌の百合が原公園前で開催のオーガニックマーケット。10月15日(日)今シーズン最後の開催となります。オーガニックな食とコミニュケーションをテーマにした地球と体に優しい暮らしの市場を目指し、昨年の7月から10月までの毎週第3日曜日に開催してきました。自然栽培、有機無農薬栽培農家さんを中心に、健康な卵、加工食品、パン、お弁当、菓子、琲、食品雑貨、花などを販売するお店20店前後が月変わりで出店しています。宮崎自動車工業さんのカーポート下に店開きしているので少々の雨にも負けず雨天決行!顔なじみのリ常連さんも増え、嬉しい・楽しい・大好き! ぜひいらしてくださ~い。

2017yuri_org0920_A4

2017年09月25日

北海道 湿原ツアー

北海道の湿原を旅していると、たくさんの野鳥や植物に出会う楽しみがある。その中には絶滅危惧種もいたりして・・・          世界最小の哺乳類、『トウキョウトガリネズミ』は体長が4センチほどの軽量で北海道の湿原地帯にしか生息していない、貴重で愛らしいモグラの仲間。北海道にしか生息していないのに、なぜトウキョウ・・・?発見された時にエゾとエドを勘違いしたためだとか?(笑)サロベツ湿原のビジターセンターでフィギュアのトガリネズミとご対面!

トウキョウトガリネズミ

2017年09月25日

秋の道北湿原ツアー②

日本最北端の湿原、サロベツ原野は花の季節は終わりチョイさびしい風景。サロベツ湿原を流れるサロベツ川を恒例のさっくりリバーツーリング。今回も下流域から川登りでリターン。行きはなかなか進まず帰りはスースーです。音類橋からパンケ湖を目指すも、このあたりの流れは直線が続きロケーションはイマイチ。シジミやワカサギ漁の漁船が行き来するので横波を受けて怖い。早々に切り上げ豊富温泉へ移動。アトピーや皮膚病に効果があると評判の原油成分を含む温泉が売りで湯治客も多いようです。

 

P1001769[1]

P1001785[1]

 

 

2017年09月23日

秋の道北湿原ツアー

恒例の湿原カヌーツーリングの途中、幌加内町の朱鞠内湖にチョイと寄り道。日本最大級のダム湖でフィヨルドのような複雑な湖形と多数の小島が形成する美しい湖。巨大なイトウが生息することで有名なフィッシャーマンの聖地(笑)。当然、カヌーと釣りはセット。浮島に上陸し3投目でガツンと来た―!でブレイク防止のショックコードが抜けぬけるってか・・・で今回もイトウさんには会えずに終了。ちなみにここは冬の最低気温は-30度以下、積雪は1カ月で2m超えでチョー厳しい~ 蕎麦の収穫量は日本一の町なので、もちろん新蕎麦とソバの実入りのかまぼこのてんぷらのセットいただきました。明日は本命のサロベツ原野です。

朱鞠内湖 (1)

朱鞠内湖(2)

幌加内 (1)

2017年09月16日

北海道仕様のエコアパ―ト

当別町で2物件まとめて写真撮影の日。お天気も回復してヤレヤレ。こちらは自然素材と壁厚210ミリの高断熱仕様の畑のついてるエコアパ―ト。2棟目が今年完成していました。もうちょっと早くこれたらヒマワリが綺麗だったな・・・ちょっぴり残念。

エコアパ (1)

エコアパ (2)

エコアパ (3)

エコアパ (4)

2017年09月13日

北海道開拓の村で北海道遺産をみる

 

北海道の明治から昭和初期に建てられた建築物が移築展示されている『北海道開拓の村』。                                開拓使時代の西洋建築物が建ち並ぶ街並みを馬車鉄道が走っています。これから紅葉すると綺麗かも!                      マッサンの舞台になった旧青山漁村住宅。北海道大学の前進,北札幌農学校寄宿舎などが見所かな。

開拓の村 (6)

開拓の村 (2)

開拓の村 (3)

開拓の村 (10)